見ちゃイヤ

ちょっとマジメな話。

日本沈没見てきました。ハイ。。。なんかね。。。。。
怖かったというか。。。。。。。。。。。。
起こりえない現象だけど、それに近い現象が起きないとも限らないって思ってしまったらすごく怖かったです。
おっちゃんは阪神大震災の時に災害救助のお手伝いで東京から現地に飛んだんです。
発生2日目の夜には現地に入ってました。
おっちゃんは当時18歳。
おっちゃんの役目は自衛隊の人等に簡易トイレの設置の仕方等を教えたり
避難所である公園や学校等の場所に簡易トイレを設置する仕事でした。
災害二日目ということもあり、食事の確保などよりトイレに困っている人が多かったそうです。
トイレを設置し終わった後の被災者の方達からの感謝の言葉が凄く嬉しかったのを覚えています。
結局おっちゃんは2日目から6日目かな?ずっとトイレ設置に移動しまくってました。
いわゆる生の遺体というのを見たのもこのときが初めてでした。
あと火事で燃えてしまった家屋から出る青白い炎も初めて見ました。
三ノ宮の駅前がぐちゃぐちゃだったなぁ・・・。
阪神高速が横倒しになっていた横も車で通りました。

東京に帰る時に今後神戸が復旧したら必ずまた来ようと心に決めて帰宅しました。

あれから11年経って復旧した神戸には2度ほど足を運んでいます。
最初に行ったのはたしか2004年の1月だったかな。
9年も経つと当時の悲惨さは全く感じることさえ出来なくて。。。
人間ってすげーーーーーーーーーー!!!
って思ったのを覚えています。



そんなわけでマジメに語ったおっちゃんですが。。。
ボランティアで行ったわけじゃないので給料もらいました。
5日拘束でなんと。。。

       30万円!!!

そりゃそうですよ。。。
簡易トイレ一台20万円ですよ?
月に5台売れたらイイってな会社だったのに、災害発生で一気に国から2000台の発注。
そりゃ会社もウハウハで給料もド━━━(゚ロ゚;)━━ン!!ですよ。。。
これが現実です。
災害で苦しんだ人の影にはどこかで得をした人もいるのです;;
すいません><。。。
[PR]
by achu-occhan | 2006-08-27 04:50
<< 本当にあったブログ内緒の話 あ~ややっ~(>ε<) >>


おっちゃんの日常      (休みはめいぽ)
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧